3年生 2ブロック予選を終えて


我々コーチ陣も慣れない主幹をやりながらの2ブロック予選。

最終結果 2勝1分け4敗 8チーム中5位 予選突破ならず・・・

3年生は、主力2人が諸事情で抜け、2年生、1年生に助けてもらいながらの

7試合でした。

 

特に VS まつひだい 歴史的大敗 17失点・・・

言い訳を聞いてもらえるならば

この試合は、共に主幹をしていた六実さんがいない中で

コーチ陣の主幹手続きのバタバタが選手に伝染したと反省しています。

ただ、選手の試合への入り方、失点してからの対応については、お説教。

選手だけでミーティングをして、悪かった点・良かった点を指摘しあい、

次の試合で11得点で勝利!

真価がわかるのは最終戦でと思い・・・

 

そして昨日の最終戦、同じグループの小金原FCさんの情報によると

流山東部FCさんは「強い」とのこと・・・・(小金原さんが負けた)

自分たちで円陣を組み「絶対勝つぞー」の雄叫び!

いざゲームが始まってみると、最初の5分は完全なるつくしペース

試合の入り方は合格!

しかし、相手の最初のチャンスで失点・・・

失点後「取り返すぞー」に全員が呼応

失点後の対応も合格! その後は相手にチャンスをあたえず

何回かの絶好のチャンスで得点できず、終了のホイッスル・・・

 

今回、選手たちは、試合でしか学べないものを得たのではないかと信じたい。

あとはいつもの課題である「決定力」を練習で高めて。

まあ最終戦で希望の見える試合をしてくれたことに感謝。